▲⑪ 6・5 第14回「裁判期日」の終了報告

 先日6月5日(火)、学会本部と係争中の労働裁判の第14回目となる口頭弁論期日が東京地方裁判所で行なわれ、一歩前進の期日とすることができました。
 快晴の空の下、各地から裁判の傍聴にお越しくださった皆様、またお題目を送って下さった皆様、本当に、本当にありがとうございました。
【当日の裁判期日後に、ビデオジャーナリストの湯本雅典さんの取材がありました。
 本ブログの『リンク』に「■【最新動画】6・5第14回期日の終了報告(湯本雅典氏)」をアップしました。よろしければご覧ください。】

 「何のための裁判か」

 私たちは、学会2世としてこの世に生を受け、今日まで創価学会の庭で、師匠池田先生に育てていただきました。今の自分があるのはすべて池田先生のおかげだと思っています。
 学生時代は川崎学生部で薫陶を受け、新卒で創価学会職員として採用して頂き、10年以上にわたり学会本部に勤めてきました。
 その中で、本部職員の幹部が醜い嫉妬の心からまじめな会員をいじめる実態や、「本部職員なんだから(学会員ではなく)本部職員を護れよ」と平気で語り不正を庇い合う本部職員の実態をたくさん目の当たりにしてきました。
 特に、2008年に体験した本部指導監査委員会の結論である誓約書の内容は、極めて問題でした。
 公明党職員の佐賀氏(仮名)と、本部職員の和歌山氏(仮名)らが、『会員Aさんの実名をあげて1000人規模の会合で誹謗中傷するという大問題』を起こした。それにもかかわらず、佐賀氏らに話し合いを求めた無実の会員Aさんを「問題グループのリーダー」に仕立て上げ、「問題の一凶」とする結論を出したのです。
 そして、「佐賀氏らがAさんを誹謗中傷する大問題」を引き起こす要因となった、“本部職員の青年部最高幹部が川崎学生部に対して行なった人事手続き違反の不正”については完全に隠蔽されたのです。
 学会本部が職員の青年部最高幹部を擁護するというありえない結論でした。
 さらに学会本部は、私たちに「会則・会員規程違反の問題グループ(組織内組織)」であることを認めさせるよう迫り、従わなければ除名もあり得ると処分をちらつかせ「二度と声をあげない」と誓約する誓約書を突きつけてきたのです。まさに「踏み絵」でした。
 この結論の内容は、原田会長以下本部執行部が全員了承していました。
 私は悩み葛藤しました。
 「一度は妥協して、また頑張ればよいのではないか…」
 「正直、誓約すれば楽になれるだろう」と考える自分もいました。
 しかし、揺れ動く私の耳に、厳たる師匠の声が聞こえてきたのです。
 「この信仰だけは清濁併せ呑んではならない」

 私は誓約を断りました。生涯、師匠の仰せ通りに生き抜くいばらの道を選択しました。
 誓約をしない私に、職場の上司はまるで人が違ったように、連日職場の会議室に呼び出し、「会長のいう事を聞けない人間をうちの職場に置いておくわけにはいかない」「辞表を持ってこい」などと詰め寄りました。明らかなパワハラさえも、会長の指導に従わせるためならば容認される学会本部の実態を目の当たりにしました。
 それでも諦めるわけにはいきませんでした。川崎の地元の組織では、Aさんを始め誓約しなかった無実の会員の同志たちが、学会本部から「問題グループ(組織内組織)」と決めつけられたことによって一会員として学会活動すらできない状況にさせられていたのです。中には、「会長に弓を引いた」などという嘘の噂話も流されました。
 私たちは決意を固め、学会本部の原田会長に、本部指導監査委員会には偏頗な結論を生み出す構造的・潜在的な問題があったこと、そしてその問題について改善するための建設的な意見を提言しました(本年5月12日付のブログ「◎4」)。
 しかし、原田執行部は、一度も私たちの話を聞くことなく、私たちを学会本部から神奈川県、福岡県、香川県に『配置転換』し、バラバラにしました。
 師匠の「対話の精神」は皆無でした。
 それでも、会員の無実を証明することを諦めず、私たちは原田会長を始めとする本部執行部の方々に手紙を書いて訴えていきました。
“会員たちは、誓約したくとも偏頗な結論であったために誓約できなかっただけなのです。しかし、その代わりに真摯に処分を受けてきました。それにもかかわらず、いまなお学会組織から不当な扱いを受けているのです。
 会員たちは反逆者ではありません。ただただ創価のために行動を貫く、師匠の模範の弟子なのです。”

 しかし、そうした手紙に対する返答は一切なく、2011年にはそうした手紙を渡そうとした行為が懲罰委員会にかけられ『譴責処分(始末書の提出要請)』を受けました。

 したがって、この裁判で、学会本部が決定した私たちに対する「配置転換」「譴責処分」が不当な動機目的で行なわれたものであること、また適正な手続きで履行されたものでないことが認められれば、原田会長を中心とする本部執行部の責任問題となることは必至です。
 私は、今の自分があるのはすべて師匠池田先生と創価学会のおかげだと思っています。
 こうして正しいと信じることのために自身のすべてを傾注して生きられるのも、先生が人間としての正義の生き方を示してくださったからです。
 先生がいらっしゃらなければ、自身の無限の可能性など信じることは出来ませんでした。
 私たちの想いはただ一つ、
 師匠池田先生に、ただただ御恩返しをさせていただきたい!
 現原田執行部に奪われた創価学会を、師匠のために取り返したい!

 ただそれだけです。

 今回期日の報告と今後の決意

 今回の6月5日の期日までに、原告・被告双方の主張は出そろいました。
 また、私たちが申し立てた「文書提出命令申立」に対し、裁判所から「いずれも必要なし」との判断が下されました。
 今後は、私たちの人証申請に対する被告からの意見書に対し、再反論および補充の主張を行ない、私たち3名の証人尋問用の陳述書の作成に全力を注ぎ、7月3日の提出を目指します。
 次回期日は、7月10日(火)午前10時から東京地裁611号法廷で行なわれ、人証申請の採否(裁判官が誰を証人として採用するか)が決まります。
 いよいよ、この裁判の天王山である証人尋問の日程が9月25日(火)と定まりました。大勝利すべく、各々、陳述書の作成に全力を尽くして参ります。
 正々堂々と正義と真実を叫び切り、師に違背した原田執行部の実態を満天下に示して参ります!

 今後の裁判の日程

1.7月3日(火)までに原告3名と被告側の証人が各々証人尋問用の陳述書を提出。また人証申請に対する被告の反論への再反論および補充書の提出。

2.7月10日(火)10時から、東京地方裁判所611号法廷にて、第15回期日(口頭弁論)。人証申請の採否が決定されます。

3.9月25日(火)10時から12時及び13時15分~16時15分、証人尋問(その1)。

4.10月2日(火)午後、証人尋問(その2)。


〈〈【緊急告知】学会本部前サイレントアピールのお知らせ〉〉
 日時
 7月1日(日)
 ①13時半から14時半
  学会本部前サイレントアピール
 ②15時から16時半
  サイレントアピール参加者による「座談会」(ざっくばらんに語り合う懇談会)


※ サイレントアピールは1時間を予定しています。これまでの経験から、横断幕を掲げて立ち続けられるのはおよそ1時間が限度だと思いました。参加して下さる皆様が、創価変革のために行動して、体調を壊されることだけは絶対にあってはならないと思い、1時間とさせていただきます。
※ それぞれのご体調に合わせ、椅子をご用意されたり、休憩を取られたりして頂いても構いません。もちろん、前回と同様に、各々状況があるのは当然ですので、マスクやサングラスをご使用されても全く構いません。
※ サイレントアピール参加者による「座談会」(ざっくばらんに語り合う懇談会)は、式次第は無しで、自由に思いを何でも語り合っていきたいと思います。

 場所
 ①信濃町の学会本部前 【学会本部サイレントアピール】
 ②ワイム貸会議室 四谷三丁目 Room A 【座談会(ざっくばらんに語り合う懇談会)】

 ・(住所)〒160-0004 東京都新宿区四谷3-12 丸正総本店ビル6F
 ・(交通)東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」駅 1番出口 徒歩1分
 ・(座談会会場地図)
地図

 【参加を希望される方へ】事前連絡のお願い
 安全かつ合法的にサイレントアピールができるように、これまで警視庁と弁護士に相談してきました。
 その上で、絶対無事故、絶対安全を期すために、参加を希望して下さる方とは、事前に個別に連携を取らせていただき、参加予定人数を掌握したいと思っております。
 つきましては、参加を希望してくださる方は、
①お名前、②ご連絡先(電話番号)、③参加予定人数を、ブログ宛にメールでお知らせ下さいますよう、お願い致します。

 簡単な一文で構いません。「小平秀一 090-****-**** 2名で参加します!」のように書いていただければ、こちらから折り返しご連絡をさせていただきますので、よろしくお願い致します。


〈〈各種お知らせ〉〉
1、『創価学会元職員3名のホームページ』開設のお知らせ!

 この度、ブログ読者の皆様からご意見を頂き、3名のホームページを立ち上げました。(https://harunokoime20180311.wixsite.com/mysite)
 まだ現在作成中ですが、このサイトから、次回の座談会やサイレントアピールの日程、これまでのブログ、創価変革に関連する動画などが、すぐに見れるようにしていきたいと思っています。
 本ブログの「リンク」の◎『創価学会元職員3名のホームページ』から、ご覧いただけます。

2、3名の著作『実名告発 創価学会』について
 3名が学会本部の中で体験してきた事実を書いた著書『実名告発 創価学会』が好評販売中です。
 創価を愛し、三代の思想と精神から逸脱した現学会本部の変革を願う同志の皆さんに是非お読みいただきたいと思っています。
 また、学会本部を変革していくための「対話のツール(道具)」としてご利用いただければ本当に嬉しいです。<なお、当ブログメニューの「リンク」からご購入いただけます>
※一点誤字の訂正のお知らせ
 36頁9行目の「かつて2006年6月頃、師匠は本部職員の全体会議で」の日付が、正しくは「2002年6月頃」でした。大変に申し訳ありませんが訂正をお願い申し上げます。

プロフィール

Author:創価学会元職員3名
小平秀一
平成7年3月、創価高校を卒業。
平成11年3月、創価大学を卒業。
平成11年4月、宗教法人創価学会に入職。
平成24年10月、宗教法人創価学会を懲戒解雇。
平成26年6月、創価学会を除名。

滝川清志
平成12年3月、創価大学を卒業。
平成12年4月、宗教法人創価学会に入職。
平成24年10月、宗教法人創価学会を懲戒解雇。
平成26年6月、創価学会を除名。

野口裕介
平成14年3月、東海大学を卒業。
平成14年4月、宗教法人創価学会に入職。
平成24年10月、宗教法人創価学会を懲戒解雇。
平成26年6月、創価学会を除名。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

3名共有アドレス
harunokoimejapan20150831@yahoo.co.jp
3名の著作
『実名告発 創価学会』
各種リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
アクセス数
月別アーカイブ
プライバシーに配慮し、登場人物は会長・理事長を除き、地名を使って仮名にしています
検索フォーム
RSSリンクの表示