FC2ブログ

●115 「3度目の癌に大勝利!!」(「12・29学会本部前サイレントアピール」に向けての決意②)

20180719信濃町駅前でのサイレント
 2018.7.19撮影 JR信濃町駅前にて

 本年を締めくくる「12月29日学会本部前サイレントアピール」まで、残り1ヶ月を切った。
 この日を目指し、今、滝川の母・光子さんは不撓不屈の「対話」の闘いを起こされている。
 「今、原田会長に22通目となる手紙を書いています。
 池田先生の弟子として正義の声を上げる会員を、冷酷にも切り捨てる原田会長との対話を絶対に諦めません!
 師匠の仰る通りの創価学会に戻す、それが私にできる恩返しです!」

 そう語る瞳は輝き、眩いばかりの笑みを浮かべられている。

 今から15年前、スキルス性の乳癌の告知を受け、余命3カ月を言い渡された光子さんは、信心で見事に克服した。
 ところが手術後11年目に骨転移が発覚し、最も怖れていた「再発」に襲われる。
 担当医は余命について明言を避けた。一瞬、眼の前が真っ暗になった。しかし光子さんの胸中には師匠との誓いが赤々と燃えていたのである。不安もあった。しかし同志から熱き激励を頂き、創価変革に生き抜くことを誓われる。
 「まだ死ねない!私にはやらねばならない使命があるのだから。
 負けるわけにはいかない!弱音を吐いている暇なんかない!生きて生きて、生き抜くんだ!」

 御本尊にひたぶるに祈り、すぐに治療を開始。そして迎えた診察日、なんと劇的に改善が見られたのである。生きられる希望に光子さんは涙をおさえられなかった。
 「先生、御本尊様、本当にありがとうございます!
 まだ生きられる!私は生きられる!生きれるならば、まだ闘える!!」

 早速、原田会長に手紙を書くことを決意した。
 創価の未来を担う青年たちへの不当な除名処分はおかしいと。
 創価変革の正しい行動をやり続ける中で、治療が功を奏していく。そして、なんと見事に骨転移が消えたのである。
 医師は「奇跡だ!」と驚愕した。
 光子さんはいよいよ確信を深くした。
「創価を変えていく行動が正しいことを癌は教えてくれた!
 限りある人生を懸命に生き抜くことが正しいことを、私に伝えてくれた!
 “変毒為薬”そして“更賜寿命”をわが身で証明させていただいた御本尊様、本当にありがとうございます。
 何があっても負けない人生を教えてくださった池田先生、本当に本当にありがとうございます!
 病は、創価変革の闘いには一切障りをなしていない。
 私は絶対に、原田会長と対話をするその日まで諦めない!」


 ところが2017年12月、再び全身への多発性骨転移が新たに発覚したのである。
 三度目の癌である。まさに「あきらめ」という自身の内なる敵との闘いであった。
 光子さんはすぐに「癌の再再発」との闘いを開始する。
 自分の病状に合う最高の治療方法を求めて、いくつも病院を当たった。そして幾人もの医師たちと対話を重ね、乳がんの骨転移の治療について調べ尽くした。
 「私が癌を治すんだ!」
 医師を頼るのではなく、“自分の病気は自分で治す”との気迫がみなぎっていた。光子さんは最善の方法だと納得した治療を決断される。
 抗がん剤での治療のため、当初、髪がごっそり抜けるなどの副作用があった。しかし、真剣に題目を上げ抜き、食事も必死に知恵をしぼって工夫していった。
 「私には創価を取り戻す戦いがある!まだ死ねない!師匠の創価を護るんだ!!」
 まさに命を削る壮絶な病との闘いの中でも、光子さんは、地元の座談会や本部幹部会同時中継に出続け、堂々と、自分のありのままの姿を見せ続けていった。
 「私は創価の変革も、自分自身の変革も諦めない!」と。
 さらに学会本部前でのサイレントアピールに立ち、『師匠の創価にかえれ!』との横断幕を本部職員に突き付ける。そして、原田会長にも手紙を書き続け、「対話」を求める闘いを間断なく起こし続けているのである。

 ある朝、光子さんは再再発の癌との戦いの中で息子の清志にこう語った。
 「毎日、朝目を覚ますと今日も命があった、みんなのおかけだと感謝し、戦闘開始だと出発しているよ。
 絶対に先生のために生きて生きて生き抜くんだ!
 先生の創価を取り戻すんだ!
 私は何があっても使命を果たすまで死なない!諦めない!」
と。
 この言葉を聞いた時、なんだか涙が溢れて止まらなかった。
 何があっても、どんな困難があっても、先生と同志への感謝と未来への希望を忘れぬ偉大な母。
 母は、日々、「創価変革は自分がやる!」との烈々たる気迫で一日をスタートしているのである。
 そして癌の再再発から2年がたった先日11月21日、病院での診察を受けた結果、なんと主治医から驚きの声でこう伝えられたのである。
 「消えてるよ!!滝川さん、消えてるよ!!無いよ!」と。
 そして診断書にはこう記載された。
 「全身の骨転移の所見なし」「肺・肝臓への遠隔転移なし」「リンパ腺への転移所見なし」と。
 他の臓器やリンパ節への転移もまったくなく、骨転移が完全に消えていたのである!
 母は、またしても癌に勝ったのだ!!
 しかも不思議なことに、なんと以前よりも骨量が増え、ますます健康になっているという。
 またしても病に勝った母の笑顔は、輝く太陽のように晴れ晴れとしていた。
 「またまた皆さんの題目のおかげだよ。
 今度も癌に勝ったよ、生きれるよ!
 さぁいよいよこれからだよ!
 絶対に先生の創価を取り戻すよ!」

 今、母は原田会長に22通目となる手紙を書き進めている。
 自分の闘いを闘い抜いて、来る「12月29日(土)のサイレントアピール」に集うのだと、深く深く決意している。

 師匠は仰っている。
 「『難即悟達』である。
 『法難即広宣流布』である。
 大聖人は、身をもって教えてくださった。
 いかなる絶体絶命にあろうと、強盛なる信心の溶鉱炉が燃えていれば、断じて勝てるのだ!と。
 難に負けるな!
 敵に負けるな!
 病に負けるな!
 己に負けるな!
 勝ってこそ、幸福の『太陽』は昇る。勝ってこそ、広宣流布の『太陽』は昇る。」(池田名誉会長「随筆 新・人間革命」)
と。

 どこまでも学会の中心は、いち会員であり、師弟である!
 師弟を見失っている今の学会本部、原田執行部が中心ではない!
 創価を愛し、創価の変革を祈り闘い抜くあなたこそが創価学会であり、創価の主役なのだ!
 “民衆が主役の創価学会”を、“自身こそ主役の創価学会”を、
 私たちが断固、取り戻す!


〈〈【緊急告知・大結集】 12・29学会本部前サイレントアピールのお知らせと、ご参加の連絡のお願い〉〉

 日時
 平成30年12月29日(土)
 ①13時から14時 学会本部前サイレントアピール
 ②14時30分から16時50分 サイレントアピール参加者による「座談会」(ざっくばらんに語り合う懇談会)


 場所
 ①信濃町の学会本部前 【学会本部サイレントアピール】
 ②ハロー貸会議室新宿 RoomC+D 【座談会(ざっくばらんに語り合う懇談会)】

 ・(住所)〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-5-11 新宿三葉(ミツバ)ビル6F
 ・(交通)JR山手線 新宿駅 西口 徒歩1分
JR埼京線 新宿駅 西口 徒歩1分
JR中央・総武線 新宿駅 西口 徒歩1分
東京メトロ丸ノ内線 新宿駅 B-17出口 徒歩1分
 ・(座談会会場地図)
新宿ハロー

 サイレントアピールに参加を希望して下さる皆さまへ
 ① 事前連絡のお願い
 私たちは、安全かつ合法的にサイレントアピールができるように警視庁と弁護士に相談しながら進めております。また、「7月1日から施行された東京都の迷惑防止条例」についても、警視庁に確認をしましたところ、サイレントアピールは抵触することはないとの回答をいただいております
 その上で、絶対無事故、絶対安全を期すために、参加を希望して下さる方とは、事前に個別に連携を取らせていただき、参加予定人数を掌握したいと思っております。
 つきましては、参加を希望してくださる方は、
 ①お名前、②ご連絡先(電話番号)、③参加予定人数を、ブログ宛にメールでお知らせ下さいますよう、お願い致します。
 簡単な一文で構いません。「滝川清志 090-****-**** 2名で参加します!」のように書いていただければ、こちらから折り返しご連絡をさせていただきますので、よろしくお願い致します。

 ② 参加の条件について
今の創価学会本部執行部が三代の師弟の精神から逸脱していると認識し、学会本部をより良く変革していこうという方に限らせて頂きます。

〈〈各種お知らせ〉〉
1、学会本部との労働裁判について
 【12月11日(火)の最終準備書面の提出】
 現在、裁判の天王山である証人尋問を一歩前進で終え、最終準備書面の作成に全力を尽くしています。学会本部変革のために断じて裁判勝利を勝ち取っていく決意です。

 【次回期日】
 12月19日(水)10時30分~、東京地方裁判所527号法廷において、口頭弁論期日が行なわれます。

2、『創価学会元職員3名のホームページ』開設のお知らせ!
 この度、ブログ読者の皆様からご意見を頂き、3名のホームページを開設いたしました。(https://harunokoime20180311.wixsite.com/mysite)
 本ブログの「リンク」の◎『創価学会元職員3名のホームページ』からも、ご覧いただけます。

3、3名の著作『実名告発 創価学会』について
 3名が学会本部の中で体験してきた事実を書いた著書『実名告発 創価学会』が好評販売中です。
 創価を愛し、三代の思想と精神から逸脱した現学会本部の変革を願う同志の皆さんに是非お読みいただきたいと思っています。
 当ブログメニューの「リンク」からもご購入いただけます。
※一点誤字の訂正のお知らせ
 36頁9行目の「かつて2006年6月頃、師匠は本部職員の全体会議で」の日付が、正しくは「2002年6月頃」でした。大変に申し訳ありませんが訂正をお願い申し上げます。






プロフィール

Author:創価学会元職員3名
小平秀一
平成7年3月、創価高校を卒業。
平成11年3月、創価大学を卒業。
平成11年4月、宗教法人創価学会に入職。
平成24年10月、宗教法人創価学会を懲戒解雇。
平成26年6月、創価学会を除名。

滝川清志
平成12年3月、創価大学を卒業。
平成12年4月、宗教法人創価学会に入職。
平成24年10月、宗教法人創価学会を懲戒解雇。
平成26年6月、創価学会を除名。

野口裕介
平成14年3月、東海大学を卒業。
平成14年4月、宗教法人創価学会に入職。
平成24年10月、宗教法人創価学会を懲戒解雇。
平成26年6月、創価学会を除名。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

3名共有アドレス
harunokoimejapan20150831@yahoo.co.jp
3名の著作
『実名告発 創価学会』
各種リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
アクセス数
月別アーカイブ
プライバシーに配慮し、登場人物は会長・理事長を除き、地名を使って仮名にしています
検索フォーム
RSSリンクの表示