FC2ブログ

▲⑩ 4・10 第13回「裁判期日」の終了報告

 一昨日4月10日(火)、東京地方裁判所で、学会本部と係争中の労働裁判の第13回目の期日である口頭弁論が行われました。
 快晴の空の下、広島県から駆け付けてくださった同志を始め、過去最高である30名近い方々が傍聴に来てくださいました。
 お越しくださった皆様、またお題目を送って下さった皆さん、本当に、本当にありがとうございました。
【当日の裁判後に、ビデオジャーナリストの湯本さんの取材がありました。本ブログの『リンク』に「■【最新動画】4・10第13回期日の終了報告(湯本雅典氏)」をアップしました。よろしければご覧ください。】

 本件裁判について
 この裁判は、学会本部の在り方や本部職員の不正に対して声を上げた私たち3名を疎んじ、「踏み絵」のような誓約書を突き付け、さらに誓約書の提出を拒否した私たちを徹底して排除した学会本部の執行部と、どこまでも池田先生を師匠とし、創価三代の師匠が死に物狂いで築き上げた創価学会を取り戻すために、諦めずに戦い続ける私たちとの闘いです。
 私たちは2012年10月まで創価学会の本部職員として10年以上勤め、学会本部の実態を見てきました。
 表向きの「創価学会は三代の師匠を永遠の指導者とする」という大義とは裏腹に、今の学会本部は、運営を執行している原田会長を中心とする本部執行部が、師匠池田先生を自分たちに都合よく利用している実態がありました。
 師匠池田先生は、職員の不正などの悪い報告が上がってこない執行部の保身・隠ぺいの体質を憂慮され、2002年6月26日に、突然、職員全体会議に参加されました。そして全職員に対し、「次の100年のため、悪い職員がいたら報告しなさい」と指示をしてくださったのです。
 さらに、その後も職員全体会議に参加され、「(学会本部の中で問題が生じた場合には執行部のメンバーの一人である)長谷川重夫第一庶務室総主事に報告しなさい。長谷川から全部(先生に)伝わるから。」と言われ、職員の不正を池田先生に報告する窓口として長谷川第一庶務室総主事(現理事長)を指名されました。その場で長谷川氏は、全職員の前で「はい!」と言って立ち上がりお辞儀までするなど、師匠は徹底して隠蔽体質を打破する手を打ってくださっていました。
 しかし、私たちは、本部執行部がその師匠の仰せに反し、特に『本部執行部の問題』など自分たちの責任問題となるような都合が悪い報告は、絶対に師匠の耳に入れないように握り潰してきた実態を嫌というほど見てきたのです。
 しかも、そうした時には決まって「そんな報告をすれば師匠にご迷惑をおかけすることになる!君たちは師匠利用だ!」と、まるで“師匠をおもんばかっている”という善人を装い、逆に師匠の仰せ通りに行動した人間を“師匠を利用している”と言って責めたのです。
 この裁判でも学会本部は会則を引用し、「池田名誉会長は、創価学会の『永遠の指導者』、『永遠の師匠』であり、創価学会の会務・組織・法人運営については、会長以下の執行部を中心に行うこととされている」と裁判書面で主張し、本部執行部自身が師匠の仰せに従わなかったことを平然と誤魔化し、正当化しています。
 昭和54年、原田現会長を含めた当時の最高幹部たちが全員師匠池田先生を裏切り、第3代会長を辞任させた弟子の敗北がいまだに続いていることを感じてなりません。
 しかし、この裁判で、学会本部が決定した私たちに対する「配置転換」「譴責処分」が適正な手続きで履行されていないことが証明されれば、学会本部に債務不履行責任が生じ、原田会長を中心とする本部執行部の責任問題となることは必至です。
 ただただ、師匠池田先生の仰せ通りに、行動する!
 私たちは、断じて「師弟不二」の信心を貫いてまいります!

 今後の裁判の流れ
1.4月25日(日)までに学会本部が原告文書提出命令の補充書に対する意見書を提出する。
2.5月18日(金)までに学会本部が原告準備書面(18)に対する反論の準備書面を提出。また同日までに、双方が人証申請のための証拠申出書を提出する(誰を証人として出廷してもらうかを決めて申請します)。
3.6月5日(火)10時から、東京地裁611号法廷にて、第14回期日(口頭弁論)。
 ・各種文書提出命令申立てに対する裁判所の判断が下される予定。
4.7月3日(火)までに原告3名各々の証人尋問用の陳述書を提出。
5.7月10日(火)10時から、同じく611号法廷にて、第15回期日(口頭弁論)。
6.8月下旬から10月にかけて、証人尋問。


 上述の通り、次回期日は、6月5日(火)午前10時から東京地裁611号法廷となります。
 私たちは昭和54年頃にこの世に生を受けました。
 まさに師の仇を討ち、師の理想を実現していくことこそ、私たちの使命であり、責務であると自覚しています。
 正々堂々と、正義と真実を叫び切り、師弟に違背した本部執行部の実態を白日の下に晒して参ります!

 4月4日付『創価新報』の『青年部員と語る 元職員らの中傷行動について②』について
 4月4日付の創価新報『青年部員と語る 元職員らの中傷行動について②』で、私たちが2016年12月に外国特派員協会で記者会見をした際、メディア用に配られた説明文に、私たちの除名理由が「平和主義と乖離した施策に反対したため、退会を余儀なくされた」と書いてあり、事実と違うとして、まるで私たちが嘘をついているかのように記載しています。
 私たちとしても自分たちの除名理由について上記の認識ではないし、そうした文章を当時作成した記憶もないため、当時の外国特派員協会にお渡しした記録用の文書を確認しましたが、やはりそのような記載は一切ありませんでした。
 その後、外国特派員協会に確認したところ、実は私たちが作成した書面以外に、外国特派員協会が独自に作成した英文のメディア用文書があることが分かり、そのなかで、上述の内容が書かれていることが判明しました。
 また、外国特派員協会のホームページ内の私たちの記事の中にも、同じ文章があることが分かり、外国特派員協会に事情を説明し、訂正を依頼して、4月9日付で訂正されました。
 つまり、実態は、私たちが上記の書面を作成した事実はないにもかかわらず、『創価新報』の記事はまるで私たちが嘘をついて記者会見を開いたかのように書いており、読者に対し私たちの「悪いイメージ」を植え付けるものとなっているのです。
 そもそも『創価新報』が私たち3人に一度でも取材をしていれば、このような間違いは起こりませんでした。
 学会本部は、外国特派員協会が私たちの文書を読み違えた手違いを目ざとく見つけ出し、それを利用して、私たちへの批判材料に使ったというのが実態です。
 もはや学会本部は今の原田執行部に声を上げる私たちを攻撃することを至上命題として、本来、公正・中立を旨とする「マスメディア(機関紙)」である「創価新報」を使ってがむしゃらになって攻撃してきているのが実態です。
 「創価新報」の私たちへの批判記事は、学会員を迫害し続ける学会本部に対する学会員からの批判の矛先を、私たちに向けさせることが目的の記事です。 
 繰り返しますが、いくら私たちへの非難を繰り返しても、“原田会長をはじめとする本部執行部が正しい”ということにはなりません。
 私たちはいかに不当な非難を繰り返されても、学会員を弾圧する学会本部に対して、徹底的に声を上げ続けます!
 師匠の弟子である大切な学会員をいじめる人間は、何人たりとも、断じて許さない!!


〈〈【告知①】4・29(日)信越方面・長野座談会開催のお知らせと、ご参加の連絡のお願い〉〉

 式次第
長野・式次第

 日時
 4月29日(日) 13時から16時半


 場所
 伊賀良公民館 1階 大会議室
 (長野県飯田市大瀬木570-1)


 信越方面・長野座談会に参加を希望して下さる方へ
①事前連絡のお願い(なるべく)

 「座談会」に参加を希望して下さる方は「参加人数」をブログ上のメールフォームか、以下のアドレスからメールでお知らせ頂けるとありがたいと思っています。
 ★連絡先(メールアドレス):harunokoimejapan20150831@yahoo.co.jp
 お名前は有っても無くても構いません。メールに一行で良いので、「1名参加」「愛知県から2名で行きます」など教えて頂けると本当にありがたいです。
 もちろん連絡を下さらなくてもご参加下さって構いません。

②参加の条件について
 今の創価学会本部執行部が三代の師弟の精神から逸脱していると認識し、学会本部をより良く変革していこうという方。

 地図(高速バス「伊賀良」からの経路)
伊賀良公民館の地図

【自動車の方】
中央自動車道 「飯田インター」降りて1km

【高速バスの方】
「伊那・飯田方面」の「伊賀良(いがら)」という「高速バス停」を下車して徒歩10分です。

【電車の方】
「JR東海 飯田線」の「飯田駅」で下車して、タクシーで10分


〈〈【告知②】5・20(日)関西方面・大阪座談会開催のお知らせと、ご参加の連絡のお願い〉〉
 式次第
 ※追って、発表いたします。

 日時
 5月20日(日) 13時から16時半

 場所
 JEC日本研修センター江坂 6階C-3
 (大阪府吹田市江坂町1丁目13−41)

 関西方面・大阪座談会に参加を希望して下さる方へ
①事前連絡のお願い(なるべく)

 「座談会」に参加を希望して下さる方は「参加人数」をブログ上のメールフォームか、以下のアドレスからメールでお知らせ頂けるとありがたいと思っています。
 ★連絡先(メールアドレス):harunokoimejapan20150831@yahoo.co.jp
 お名前は有っても無くても構いません。メールに一行で良いので、「1名参加」「兵庫県から2名で行きます」など教えて頂けると本当にありがたいです。
 もちろん連絡を下さらなくてもご参加下さって構いません。

②参加の条件について
 今の創価学会本部執行部が三代の師弟の精神から逸脱していると認識し、学会本部をより良く変革していこうという方。

 地図
江坂アクセスmap

 交通アクセス
 ● 新大阪駅→電車で4分
 ● 梅田駅→電車で9分
 ● 大阪空港→車で15分
 ● 江坂駅→徒歩1分


〈〈各種お知らせ〉〉
1、『創価学会元職員3名のホームページ』開設のお知らせ!

 この度、ブログ読者の皆様からご意見を頂き、3名のホームページを立ち上げました。(https://harunokoime20180311.wixsite.com/mysite)
 まだ現在作成中ですが、このサイトから、次回の座談会やサイレントアピールの日程、これまでのブログ、創価変革に関連する動画などが、すぐに見れるようにしていきたいと思っています。
 本ブログの「リンク」の◎『創価学会元職員3名のホームページ』から、ご覧いただけます。

2、3名の著作『実名告発 創価学会』について
 私たちが学会本部の中で体験してきた事実を書いた著書『実名告発 創価学会』が好評販売中です。
 創価を愛し、三代の思想と精神から逸脱した現学会本部の変革を願う同志の皆さんに是非お読みいただきたいと思っています。
 また、学会本部を変革していくための「対話のツール(道具)」としてご利用いただければ本当に嬉しいです。<なお、当ブログメニューの「リンク」からご購入いただけます>
※一点誤字の訂正のお知らせ
 36頁9行目の「かつて2006年6月頃、師匠は本部職員の全体会議で」の日付が、正しくは「2002年6月頃」でした。大変に申し訳ありませんが訂正をお願い申し上げます。

スポンサーサイト
プロフィール

Author:創価学会元職員3名
小平秀一
平成7年3月、創価高校を卒業。
平成11年3月、創価大学を卒業。
平成11年4月、宗教法人創価学会に入職。
平成24年10月、宗教法人創価学会を懲戒解雇。
平成26年6月、創価学会を除名。

滝川清志
平成12年3月、創価大学を卒業。
平成12年4月、宗教法人創価学会に入職。
平成24年10月、宗教法人創価学会を懲戒解雇。
平成26年6月、創価学会を除名。

野口裕介
平成14年3月、東海大学を卒業。
平成14年4月、宗教法人創価学会に入職。
平成24年10月、宗教法人創価学会を懲戒解雇。
平成26年6月、創価学会を除名。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

3名共有アドレス
harunokoimejapan20150831@yahoo.co.jp
3名の著作
『実名告発 創価学会』
各種リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
アクセス数
月別アーカイブ
プライバシーに配慮し、登場人物は会長・理事長を除き、地名を使って仮名にしています
検索フォーム
RSSリンクの表示