FC2ブログ

●85 【告知】「インターネットラジオ」放映のお知らせ

 このたび、「LEPIAラジオ放送局」というインターネット上のラジオ番組に、私たち3人が出演することになりました。
 放映は、明日2月1日(木)夜22:00からおよそ40~45分程になります。宜しければ、お聴きいただければ嬉しいです(ラジオ(Youtube)はURL(https://lepia.jimdo.com/)のリンクから聴くことが出来ます)。

 今回のラジオ出演のきっかけは、昨年7月22日に私たちが参加したレイバー映画祭での、「一般社団法人 命・地球・平和産業協会(LEPIA)」の事務局長をされている渡辺和子さんとの出会いにあります。
 その後、渡辺さんから、同協会が主催するYoutube上のラジオ番組に、是非、現役の創価学会員の皆さんや一般の方にも、私たちの訴えを聞いてもらってはどうか、と声を掛けていただいたのです。
 渡辺さんは、「創価学会本部が本来の理念に反して対話ができなくなっている問題は、創価学会内だけの問題ではないと思います。
 今、一般社会でも明確な意見を言う人は異質とされ、排除される風潮がありますが同じ傾向を感じます。
 また、社会的な影響力を持つ創価学会・公明党の変質は学会員ではない方にとっても、その影響は避けられない大事な問題です。
」と伝えてくださり、創価変革の活動に賛同の声を寄せてくださっています。

 今、創価学会本部は、創価を想うがゆえに建設的な意見を伝える勇気の会員に対して、“査問”を繰り返し、その意見を押さえつけようと躍起になっている。
 そして、懸命に声を上げる会員に「執行部批判」なるレッテルを貼り、会員をいじめ、排除していくのである。
 この狂った振る舞いのどこに「会員のための創価」との師匠のご精神があると言うのか!完全に師弟の精神を見失っていると言わざるを得ない!
 ゆえに今こそ、創価を三代の精神が脈打つ創価、何でも言い合える創価家族の創価へと変革すべく、池田門下の私たち一人一人が声を上げて参りたい!
 同志よ!ともに闘おうではないか!
 愛する創価を取り戻すために!


〈〈【大結集!】2・11学会本部前サイレントアピールのお知らせ〉〉
 (参加を希望して下さる方々へ)事前連絡のお願い
 安全かつ合法的にサイレントアピールができるように、これまで警視庁と弁護士に相談してきました。
 その上で、絶対無事故、絶対安全を期すために、参加を希望して下さる方とは、事前に個別に連携を取らせていただき、参加予定人数を掌握したいと思っております。
 つきましては、サイレントの前日である2月10日(土)までに、
 ①お名前、②ご連絡先(電話番号)、③参加予定人数を、ブログ宛にメールでお知らせ下さいますよう、お願い致します。
 簡単な一文で構いません。「小平秀一 090-****-**** 2名で参加します!」のように書いていただければ、こちらから折り返しご連絡をさせていただきますので、よろしくお願い致します


 日時
 平成30年2月11日(日)
①13時00分~14時00分
 学会本部前サイレントアピール

②14時30分~16時30分
 サイレントアピール参加者による「座談会」(ざっくばらんに語り合う懇談会)

※ サイレントアピールは1時間を予定しています。これまでの経験から、横断幕を掲げて立ち続けられるのはおよそ1時間が限度だと思いました。参加して下さる皆様が、創価変革のために行動して、体調を壊されることだけは絶対にあってはならないと思い、1時間とさせていただきます。
※ それぞれのご体調に合わせ、椅子をご用意されたり、休憩を取られたりして頂いても構いません。もちろん、前回と同様に、各々状況があるのは当然ですので、マスクやサングラスをご使用されても全く構いません。
※ サイレントアピール後の座談会(ざっくばらんに語り合う懇談会)は、式次第は無しで、自由に思いを何でも語り合っていきたいと思います。

 場所
 ①【学会本部サイレントアピール】・・信濃町の学会本部前
 ②【座談会(ざっくばらんに語り合う懇談会)】・・代々木駅前の「全理連ビル貸し会議室 9階A室」
  ・(住所)〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-36-4全理連ビル
  ・(交通)JR山手線・総武線・都営地下鉄大江戸線
       「代々木駅」の北口駅前
※JR信濃町駅から代々木駅までは、JR総武線(新宿方面行)で2駅(乗車時間約3分)で到着できます。
  ・(座談会会場地図)
代々木会場 地図

 2・11サイレントアピールで掲げる「スローガン」
 原田会長を中心とする本部執行部に対して、以下のスローガンを突き付けてまいりたい!
 1、〈創価三代の精神にかえれ!さもなくば即刻辞任すべきである!〉
 2、〈「安保法制」と「共謀罪法」の廃止のために、死に物狂いで闘え!〉
 3、〈2013年以降、改悪した「会則・教義条項」を即刻、元に戻せ!〉
 4、〈本部職員による金銭横領疑惑の真相を明らかにすべき!〉
 5、〈学会のために声を上げる会員を処分するな!〉

 メディアの取材について
 当日は複数社、動画配信のメディアが取材に来られる予定になっています。リアルタイムで配信ができるかは分かりませんが、少なくとも後日インターネットに配信される予定です。
 取材は希望される方のみで行ない、希望されない方が映ることはありませんので、ご安心頂ければと思います。


〈〈その他のお知らせ〉〉
1、『職員裁判』について
 先日1月12日(金)に学会本部から反論の書面が届きました。
 これを受け、私たちの方での再反論を間に合えば2月2日(金)までに行ないます。
 次回期日は、2月6日(火)午前10時から東京地裁611号法廷となります。
 この裁判で、学会本部が下した譴責処分が不当・無効であると認定された場合、処分を下した学会本部なかんずく本部執行部の責任問題となることは当然です。
 対話を排除し、建設的な意見を言う誠意の人間を排除する本部執行部の悪を打ち砕くことは、まさに創価変革に直結する闘いです。
 次回期日までで、ほぼ原告・被告双方の主張が出揃う形となります。
 そうなれば、いよいよ証人尋問です。
 正々堂々と、正義と真実を叫び切り、堕落した本部執行部の実態を白日の下に晒し、己の使命を果たして参ります!

2、『実名告発 創価学会』について
 私たちが学会本部の中で体験してきた事実を書いた著書『実名告発 創価学会』が好評販売中です。
 創価を愛し、創価の変革を願う同志の皆さんに是非お読みいただきたいと思っています。
 また、学会本部を変革していくための「対話のツール(道具)」としてご利用いただければ本当に嬉しいです。<なお、当ブログメニューの「リンク」からご購入いただけます>
 ※誤字の訂正のお知らせ
 36頁9行目の「かつて2006年6月頃、師匠は本部職員の全体会議で」の日付が、正しくは「2002年6月頃」でした。申し訳ありませんが訂正をお願い申し上げます。




スポンサーサイト
プロフィール

Author:創価学会元職員3名
小平秀一
平成7年3月、創価高校を卒業。
平成11年3月、創価大学を卒業。
平成11年4月、宗教法人創価学会に入職。
平成24年10月、宗教法人創価学会を懲戒解雇。
平成26年6月、創価学会を除名。

滝川清志
平成12年3月、創価大学を卒業。
平成12年4月、宗教法人創価学会に入職。
平成24年10月、宗教法人創価学会を懲戒解雇。
平成26年6月、創価学会を除名。

野口裕介
平成14年3月、東海大学を卒業。
平成14年4月、宗教法人創価学会に入職。
平成24年10月、宗教法人創価学会を懲戒解雇。
平成26年6月、創価学会を除名。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

3名共有アドレス
harunokoimejapan20150831@yahoo.co.jp
3名の著作
『実名告発 創価学会』
各種リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
アクセス数
月別アーカイブ
プライバシーに配慮し、登場人物は会長・理事長を除き、地名を使って仮名にしています
検索フォーム
RSSリンクの表示