FC2ブログ

●79 【告知】明年「1・21(日)広島座談会」開催決定!

 昨日、大青天のもと、今年最後の座談会を関西は京都の地で、50名近くの同志の皆様と共に盛大に行ない、一切無事故、大成功、大勝利で終えることが出来ました。参加された皆様、お題目を送って下さった皆様、本当に、本当にありがとうございました。
 苦闘・苦難の連続の本年も、ただただ師匠を胸に、全国の同志の皆様と共に、乗り越え勝ち越え、創価変革の端緒を築く1年に出来ました。
 第1部の最後には、師匠池田先生の指揮で、京都で誕生した学会歌、『威風堂々の歌』を参加者全員で大合唱し、師への誓願を果たすことを共々に誓い合いました。
 最後には、みなで円陣を組み、明年の『創価変革の大勝利』の決意を込め、「勝つぞ!」「オー!」と、勝ち鬨をあげました。
 本年一年、師匠を胸に闘う不二の同志の皆様と共に前進させて頂いた黄金の一日一日に、ただただ感謝しかありません。
 創価変革に生き抜く同志の皆様、本年一年間、本当に、本当にありがとうございました。

 明年は、いよいよ師匠への誓願を果たすべく、毎月の各地での座談会と学会本部前サイレントアピールを基軸に、本格的に『創価変革』を推し進める一年として参ります。
 そうした決意のもと、この度、明年1月21日(日)に、不戦と平和の原点の地である「広島」の地で、「明年のスタートを切る広島座談会」を行なうことを決意しました!

 “「結合」は善、「分断」は悪”である。
 しかし、原田会長を始めとする現本部執行部は、意見を言う人間を対話なく排除し、全国で多くの学会員を不当に除名処分とし、師匠の弟子である仏の学会員を分断している。
 いかなる理由をこしらえても、分断は絶対に「悪」である!!
 もうこれ以上原田会長らによって、三代の師匠が庶民とともに死に物狂いで築き上げてこられた創価学会を破壊させる訳にはいかない!
 いよいよ時は来た。
 池田門下の庶民の出番である。
 庶民の中の庶民の私たちが下から声を上げ、創価三代の師匠の思想と精神がみなぎる創価学会に変革して参りたい!
 愛する師匠のために!愛する創価のために!
 あの笑顔と歓喜が溢れる温かな創価家族の連帯の世界を、池田先生の創価を、弟子の私たちが創って参りたい!
 さあ明年1月21日の広島座談会、そして2月11日の学会本部前サイレントアピールを目指して、共々に勇躍して前進を開始しようではありませんか。
 「創価三代の思想と精神に戻れ!」とのスローガンを、原田会長に断固として突き付けて参りたい!


〈〈【最新告知】明年1月21日(日)「広島座談会」のお知らせと、ご参加の連絡のお願い〉〉
 日時
 平成30年1月21日(日)13時~16時
 ※式次第は本ブログにて追って発表します。

 場所
 広島オフィスセンター 7階 第1会議室
(広島市南区東荒神町3-35)

 地図

広島オフィスセンター地図(電話番号削除)
・(アクセス)広島駅から徒歩7分

 広島座談会に参加を希望して下さる方へ
 「創価変革のための座談会」に参加を希望して下さる方は「参加人数」をブログ上のメールフォームか、以下のアドレスからメールでお知らせ頂けるとありがたいと思っています。
 お名前は有っても無くても構いません。メールに一行で良いので、「1名参加」「山口から2名で行きます」など教えて頂けると本当にありがたいです。
 連絡を下さらなくてもご参加下さって構いませんが、創価学会をより良く変革していくための座談会ですので、その趣旨と目的にご賛同いただける方に限らせて頂きます。
 ★連絡先(メールアドレス):harunokoimejapan20150831@yahoo.co.jp


〈〈【大結集】学会本部前サイレントアピールのお知らせ〉〉
 日時
 平成30年2月11日(日) 13時00分~14時00分

 場所
 信濃町の学会本部前


〈〈その他のお知らせ〉〉
1、『職員裁判』について
 先般11月21日(火)の期日では、阿部裁判長から「再現動画は裁判官3人で同時に見させて頂きました」と言って頂くことができ、一歩前進の期日とすることが出来ました。
 今後の裁判の流れとしましては、明年1月12日(金)までに相手方が反論の書面を提出し、それを受けて私たちの方での再反論を、間に合えば2月2日(金)までに行ないます。
 次回期日は、明年2月6日(火)午前10時から東京地裁611号法廷となります。
 この裁判で、学会本部が下した譴責処分が不当・無効であると認定された場合、処分を下した学会本部なかんずく本部執行部の責任問題となることは当然です。
 対話を排除し、建設的な意見を言う誠意の人間を排除する本部執行部の悪を打ち砕くことこそ、創価変革に直結する闘いであり、この問題に出合った自身の使命であると覚悟しています。
 次回期日までで、ほぼ原告・被告双方の主張が出揃う形となります。
 そうなれば、いよいよ証人尋問です。
 正々堂々と、正義と真実を叫び切り、堕落した本部執行部の実態を白日の下に晒して参ります!

2、『実名告発 創価学会』について
 私たちが学会本部の中で体験してきた事実を書いた著書『実名告発 創価学会』が好評販売中です。
 創価を愛し、創価の変革を願う同志の皆さんに是非お読みいただきたいと思っています。また、学会本部を変革していくための「対話の道具」としてご利用いただければ本当に嬉しいです。<当ブログメニューの「リンク」からご購入いただけます>
 ※誤字の訂正のお知らせ
 36頁9行目の「かつて2006年6月頃、師匠は本部職員の全体会議で」の日付が、正しくは「2002年6月頃」でした。申し訳ありませんが訂正をお願い申し上げます。

3、ブログ読者の方からのご要望により、本ブログのリンクコーナーに「●これまでのブログ記事の索引」をご用意いたしました。過去のブログを見られたい方は、是非、ご活用いただければと思います。

4、今般、諸般の事情により、「創価学会元職員3名のブログ」のツイッターアカウントを消去しました。

5、本ブログの「リンク」に、「■【最新動画】11・19『憲法改正論議について』長谷部恭男教授」と「■(動画)10・22学会本部前サイレントアピール(日仏共同テレビ局)」をアップしました。






スポンサーサイト
プロフィール

Author:創価学会元職員3名
小平秀一
平成7年3月、創価高校を卒業。
平成11年3月、創価大学を卒業。
平成11年4月、宗教法人創価学会に入職。
平成24年10月、宗教法人創価学会を懲戒解雇。
平成26年6月、創価学会を除名。

滝川清志
平成12年3月、創価大学を卒業。
平成12年4月、宗教法人創価学会に入職。
平成24年10月、宗教法人創価学会を懲戒解雇。
平成26年6月、創価学会を除名。

野口裕介
平成14年3月、東海大学を卒業。
平成14年4月、宗教法人創価学会に入職。
平成24年10月、宗教法人創価学会を懲戒解雇。
平成26年6月、創価学会を除名。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

3名共有アドレス
harunokoimejapan20150831@yahoo.co.jp
3名の著作
『実名告発 創価学会』
各種リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
アクセス数
月別アーカイブ
プライバシーに配慮し、登場人物は会長・理事長を除き、地名を使って仮名にしています
検索フォーム
RSSリンクの表示