FC2ブログ

♠1 「創価学会の公明党支援」に対する提言(上)

 先日、初めて頂いた創価学会員の方からのメールに、次のような質問がありました。
読者からの問い

 この質問の内容は、多くの学会員の方が抱えている思いではないかと感じてなりません。
 そして、真剣に公明党を支援してきた学会員の方だからこそ抱く、切実な悩みであると思いました。

 本年、公明党が政権与党の一角を担うようになって20年となります。
 しかしその間に、公明党は「権力」の甘い汁に酔いしれ、自民党の腰巾着になり下がってしまったように感じます。
 2014年には「集団的自衛権の行使容認の閣議決定」に加担し、あろうことか、憲法9条の意味を変質させてしまいました。
 さらに2015年には、本来の憲法9条に反する、“戦争(武力行使)を容認する『安保法制』”を、自民党と共に可決・成立させました。
 その他、原発再稼働、特定秘密保護法、共謀罪法、辺野古基地建設、カジノと、公明党は次々と可決・成立させてきたのです。
 私は、この一連の公明党の動きは「立党の意義」を裏切る大暴挙であると感じています。その理由を以下に述べたいと思います。

■ 『公明党出現の意義』=『恒久平和の建設』

 公明党は創価学会を母体として、1964(昭和39)年11月17日に誕生しました。
 そして、『公明党出現の意義』について、党の創立者である池田先生(当時、創価学会第3代会長)はこう明言されています。

「誰人も幸福と平和を願わぬものはいない。
 しかもなお、平和の道は、なぜかくも険しいのであろうか。
 『戦争と平和』は、逃れがたき人間の宿命であろうか。
 今こそ人類は、この課題に、根本的にとりくまねばならぬ時が来たのである。
 すなわち宇宙時代にふさわしい世界観。新しい指導理念の確立がなされねばならない。
 こうした時代の切実な要求にこたえて、生命論の真髄である王仏冥合の理念を根底に、恒久平和の建設をめざして出現した政党が、公明党である。」

(★1964年『政治と宗教』)

 こうした池田先生の人知れぬ葛藤の中から公明党が誕生したことを忘れてはなりません。
 つまり、仏法の慈悲の精神を根底にした、「恒久平和の建設」にこそ、公明党の出現した目的があると言われているのです。
 そして池田先生は、「いかにして『恒久平和の建設』を推進していくのか」について、これまで一貫してこう述べられています。

「私どもは、これまで恒久平和主義を掲げた日本国憲法を一貫して守り抜く姿勢をとってまいりました。それは単に日本一国のためというより、平和憲法の精神と理想とを、あらゆる国々、あらゆる民族の心に植えつけ、戦争放棄の人間世界を広げることこそ、恒久的平和への確かな道と信じているからであります。(中略)
 要は時代の趨勢を人類共同体的方向へ強力に向かわせることです。そのリーダーシップを日本こそがとらねばならない。したがって、我が国の進路は、平和憲法を基盤にした平和国家の道であります。」

(★『池田大作全集1』122~123頁)

「日本国憲法のもっとも重要なポイントは“平和”であり、平和憲法ということこそ、この憲法の最高に誇りうる栄冠であると私は考える。
 同時に――核戦争の恐ろしさに脅える現代世界にあって、未来への唯一の希望を育てていける道も、この憲法の精神を、日本民族がひろめていくか、どうかにかかっているといってもよかろう。」

(★1979年5月3日『青春抄』:平和憲法と日本)

我が国の平和路線として、第一に挙げなければならないことは、平和憲法を徹底して遵守するということ、それと同時に、平和憲法の精神を共有財産にまで高めていくことであろう。」
(★1979年2月「二十一世紀への平和路線」『創大平和研究』創刊号)

 池田先生は、日本国憲法の平和の理念を活かしながら、世界の平和と人類の幸福を実現しようと御構想されていたのです。
 このような池田先生の重要な提言を、『平和』の旗を掲げる公明党議員たちが知らないはずがありません。
 さらに、池田先生は日本国憲法の中でも、特に平和主義の要となっている「憲法9条」「改正」に対しては、以下のように、断固として反対の声明を出されています。

「――憲法改正について。
名誉会長:大事なこと問題はあせらない方がいい。平和憲法は世界に評価された。簡単に改正する考えは持つべきでない。特に九条は(文言を含めて)堅持した方が得だ。(ほかの条文も)あまり悪い点はない憲法だ。
(★「2001年7月4日付読売新聞 池田名誉会長インタビュー」より)

「岩見特別顧問:仮に首相公選制を導入するとなると、憲法改正を必要としますね。
池田氏:そうなんです。私は絶対に第9条だけは変えてはいけないと思います。その他は、やむを得ない場合があるかもしれないが。
岩見:憲法を見直すこと自体はいいと。
池田氏:その通りです。議論は結構だ。9条は変えてはいけない
(★「2001年9月25日付毎日新聞 池田名誉会長インタビュー」より)

「玉川孝道西日本新聞編集局長:自衛隊がインド洋に向かっている。憲法改正問題、とくになし崩しの9条改正につながらないか懸念が出ている。
池田名誉会長:これは日本にとって重大な問題だ。確かに、国際化の流れとともに、GHQが作ったといわれる憲法を変更すべきだという意見もある。その気持ちも分からないではない。ただし、戦争に道を開く可能性がある改正には絶対に反対すべきです。私も戦争でつらい思いをした。灰色の青春だった。第9条の理念、精神性だけは絶対変えてはならない。この条文は、全世界、人類にとっての先駆のものだ
(★「2001年12月4日付西日本新聞 論対談2001 池田名誉会長」より)

 池田先生はこれだけ明確に、
絶対に第9条だけは変えてはいけない
第9条の理念、精神性だけは絶対変えてはならない

と断言なされています。
 それにもかかわらず、公明党が与する自公政権は、“抑止力による積極的な平和”なる欺瞞・まやかしの概念をふりかざし、憲法9条の意味を根底から変質させる『集団的自衛権の行使』を容認する閣議決定に賛成。そして、『安保法制』を制定してしまったのです。
 これら一連の公明党の行動は、自らの「立党の意義」を裏切る悪行であり、まさに万死に値するものであると考えます。

 御自身も悲惨な第2次世界大戦を体験された池田先生は仰っています。
今日、再軍備をすすめ、憲法の改定を主張する人びとは、戦争の体験を忘れた健忘症か、戦争で甘い汁を吸った“死の商人”の手代としか、私には考えられない
 国民は、戦争でまず犠牲にされるのが、だれでもない、国民自身であることを、つねに念頭において、彼らの言葉を判断すべきであろう。そうすれば、彼らのもったいぶった論理の裏にかくされている悪魔の爪は、手にとるように見えてくるはずだ。」
と。(★1979年5月3日『青春抄』:平和憲法と日本)
 
 この池田先生の声明には、国民の生命を脅かす戦争への怒りと、民衆(国民)への限りない慈愛がほとばしっています。
 しかし、今の公明党は、「大衆とともに語り、大衆とともに戦い、大衆の中に死んでいく」との立党精神を完全に欠落させ、あろうことか大量の戦闘機や武器を購入し、軍拡を進めている実態があるのです。
 先生の弟子として、いち仏法者として、断じて断じて許すことのできない実態ではないでしょうか。
((下)の「♠2 『創価学会の公明党支援」に対する提言(下)』は、既にひとつ前の記事にアップしています。)

スポンサーサイト

♠2 「創価学会の公明党支援」に対する提言(下)

■ 「公明党の解党」よりも「学会本部の変革」を

 こうした公明党の実情から、多くの学会員の方々から「公明党は解党した方が良い」といった意見が上がっている気持ちはよく分かるのです。
 ところが問題は、“公明党を解党すること”が、はたして最良の方法なのかどうかという点だと思います。
 私たちは「たとえ公明党を解党したとしても日本の政治が良くなることはない」と考えます。
 なぜなら、現在の日本では、どの政党も大きな問題や矛盾を抱えており、残念ながら真に「信を託せる政党」は存在しません。
 ゆえに、国民の幸福を守るための政治を実現するには、やはり“仏法の慈悲の精神”を政治に反映させゆくことのできる唯一の政党である公明党の存在意義が極めて大きいと言わざるを得ません。
 「ならば公明党をいったん壊して、新しい政党をつくればよいではないか」と考える人もいらっしゃるかもしれません。
 しかし、建設は死闘、破壊は一瞬です。
 一つの政党を一朝一夕に作ることは出来ません。
 ゆえに、公明党を解党するのではなく、本来のあるべき姿に戻していくことが最も堅実で、現実的な道だと考えるのです。

 では、公明党を本来のあるべき姿に、戻していくためには、どうしていったら良いのか。
 それは、「公明党の支持母体である創価学会、特に創価学会本部を変革していくこと」が重要だと私たちは考えます。
 現在、創価学会本部は、衆参の国政選挙のみならず、統一地方選挙、東京都議会議員選挙などに対しては、全国の組織を上げて支援の取り組みをしています。
 そして、お分かりだと思いますが、公明党議員は創価学会員の懸命な支援無しには当選することはできない実態があるのです。
 ゆえに公明党は、候補者の「公認」を決定したり、学会員に「公明支援活動」を打ち出したりしている学会本部に対しては、頭が上がらない関係性があるのが実態です。
 しかし逆に言えば、学会本部が正しく変革し、支持母体の立場から公明党を厳しく叱咤激励していくならば、公明党を本来あるべき正しい姿に戻せる可能性は十分にあるとも言えるのです。
 そもそも、もとを糺せば、公明党がここまで狂ってしまった根本原因は学会本部、特に原田執行部にあるのではないでしょうか。
 学会本部は、憲法9条の意義を変質させてしまった2014年7月の閣議決定に対して、「憲法9条の平和主義を堅持するために努力したことは理解している」との声明を出しました。
 これは本当にあり得ないことでした。
 しかしこの声明の2か月前には、「集団的自衛権を限定的にせよ行使する場合、本来、憲法改正手続きを経るべきである」とのまともな声明を出していたのです。
 つまりこの2か月間の間に、学会本部は自民という「権力の魔性」に屈服してしまったと考えられます。
 そして、ひとたび権力に屈服した学会本部は、それ以降、権力の奴隷と化し、与党で居続けることを至上命題として、公明支援に血眼になっているのです。
 こうした本部の実態が、創価学会の永遠の原点である三代の師匠の「絶対平和の思想」「不惜身命の実践」に対する裏切りであることは論を待ちません。

■ 「今後、学会本部が行なうべき具体的な行動」について

 池田先生は明確におっしゃられています。
「創価学会は、民衆のなかから生いたち、民衆のなかにおいて自発の意志で盛り上がってきた。
 ゆえに、創価学会は、永久に民衆の側に立つものであり、権力の側に立つものではない。」
(創価学会指導集)
 ならば、本来、「権力の魔性」に食い破られた公明党に対して言うべきことを言うのが学会本部、なかんづく原田執行部の使命と責任であるはずです。
 にもかかわらず、変節した公明党に何も言わないどころか、その公明党の支援を学会員にさせている今の原田執行部の実態は、要は自らも「権力の魔性」に食い破られ、国民を不幸という奈落の底に突き落とす魔の働きとなっているのです。
 ゆえに、原田執行部の狂いと慢心を断ち切るべく厳しく叱咤し、本来の「学会本部」としての使命を果たさせるのは、池田先生の弟子であり、いち仏法者である私たちの使命と責任を果たす闘いだと考えます。

 では、今後、学会本部が行なうべき具体的な行動は何か。
 私たちは以下の2点を行動することが大事であると考えます。
提言1

 そうでなければ、「恒久平和の建設」という「立党の意義」を裏切った公明党と、「絶対平和主義」という根本理念を裏切った創価学会本部が、世間と心ある学会員の皆さんからの信頼を取り戻すことはできないと考えます。
 そして、もし、学会本部がこうした行動をしないのであれば、「学会員の皆さんは学会本部からの公明議員の支援要請は無視して、自分の考えで自由に投票すべきである」と訴えたい。
 かつて、池田先生は毎日新聞のインタビューでこうおっしゃっています。
「創価学会というと、すぐに公明党と見られがちです。その公明は自民と一緒になってます。
 一般の方々は学会も同じように、つながってしまっていると思われかねません。そのように思われることは学会にとっては非常に迷惑なことです。心ある会員にしかられます。また離れていきます。(中略)
 私たちは、公明党を支援するために信仰しているのではない。
 宗教は人間と人間との心の連帯です。もはや党派性の時代ではない。それでは必ず行き詰まる。

 あくまでも人間です。人間のための、人間による宗教活動を、私たちは進めていきます。」
(2001.9.25)
 このように池田先生は、“創価学会員は必ずしも公明党を支援しなければならないわけではない”と言われているのです。
 つまり、私たちは、公明党を支援するために信仰しているのではないのです。

 本年は、4月に統一地方選挙、そして7月に参議院選挙があります。
  “公明党は先生が作られた党だから応援する”といった、“選挙のための「支援活動」”という宗教のドグマを、各人がいよいよ脱しなければならない時ではないでしょうか。
 いよいよ、「平和を壊す公明党は支援できない」という確固たる信念と意思表示を、お一人おひとりが示すことが求められているように思います。
 私たちはこうした具体的な提言を掲げながら、統一地方選挙がある4月14日(日)に、学会本部前で、本来の創価学会を取り戻すためのサイレントアピールを行なう決意です。
 ただただ創価のため、師匠のために!
 師との誓いを果たして参りたい!


〈〈各種お知らせ〉〉
1、学会本部との労働裁判について
  【判決の言い渡し】

 昨年12月19日に、2年9か月にわたって行なってきた学会本部との労働裁判が一段、結審となり、本年、3月26日(火)13時10分、東京地裁611号法廷にて、判決の言い渡しが行なわれます。
 すべて支えて下さった同志のおかげで今日まで闘い抜くことができました。心から感謝申し上げます。お題目をあげ抜き、創価変革のための闘いを闘い抜き、断固、当日の勝利を勝ち取って参ります。

2、『創価学会元職員3名のホームページ』開設のお知らせ
 ブログ読者の皆様からご意見を頂き、3名のホームページを開設いたしました。(https://harunokoime20180311.wixsite.com/mysite)
 本ブログの「リンク」の◎『創価学会元職員3名のホームページ』からも、ご覧いただけます。

3、3名の著作『実名告発 創価学会』について
 3名が学会本部の中で体験してきた事実を書いた著書『実名告発 創価学会』が好評販売中です。
 創価を愛し、三代の思想と精神から逸脱した現学会本部の変革を願う同志の皆さんに是非お読みいただきたいと思っています。
 当ブログメニューの「リンク」からもご購入いただけます。
※一点誤字の訂正のお知らせ
 36頁9行目の「かつて2006年6月頃、師匠は本部職員の全体会議で」の日付が、正しくは「2002年6月頃」でした。大変に申し訳ありませんが訂正をお願い申し上げます。

4、電子書籍版『実名告発 創価学会』がKindleにて発刊!
 電子書籍版の『実名告発 創価学会』が、Kindle(キンドル)にて発刊されました。
 ひとりでも多くの学会員の方にお読みいただき、今の創価学会本部の問題を知っていただき、創価変革の端緒を築ければと思っています。

5、【12・29サイレントアピール】動画配信のお知らせ
 昨年12月29日に行ないました学会本部前でのサイレントアピールの様子が、IWJのアーカイブ記事にて動画配信されています。ブログのリンク(■12・29 学会本部前サイレントアピール(IWJ))からご覧いただけます。ぜひご利用ください。
プロフィール

Author:創価学会元職員3名
小平秀一
平成7年3月、創価高校を卒業。
平成11年3月、創価大学を卒業。
平成11年4月、宗教法人創価学会に入職。
平成24年10月、宗教法人創価学会を懲戒解雇。
平成26年6月、創価学会を除名。

滝川清志
平成12年3月、創価大学を卒業。
平成12年4月、宗教法人創価学会に入職。
平成24年10月、宗教法人創価学会を懲戒解雇。
平成26年6月、創価学会を除名。

野口裕介
平成14年3月、東海大学を卒業。
平成14年4月、宗教法人創価学会に入職。
平成24年10月、宗教法人創価学会を懲戒解雇。
平成26年6月、創価学会を除名。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

3名共有アドレス
harunokoimejapan20150831@yahoo.co.jp
3名の著作
『実名告発 創価学会』
各種リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
アクセス数
月別アーカイブ
プライバシーに配慮し、登場人物は会長・理事長を除き、地名を使って仮名にしています
検索フォーム
RSSリンクの表示