■㉖ 【告知】「7.3サイレントアピール」への決意

 師に守られ
 戦う時代は終わった!
 弟子が自らの手で
 師の創価を
 弟子の創価を
 築く時が来たのだ!

 師が命がけで守り抜いた創価
 我が命よりも大事な創価
 創価とは三代の命だ!
 その命を守らずして、
 何が弟子か!
 その命を
 いったい
 誰が守るのか!!
 師は我が命を護る弟子のために
 全てを残し
 全てを教えてくださった
 後はあなたがどうするかだ!!
 師とあなたの誓いを
 あなたがどう果たすかだ!
 命は誤魔化せぬ!
 法は誤魔化せぬ!
 
 ならば私は
 誰に何と言われようが
 師との誓いを
 三世の果てまで
 果たし抜く!
 

◆サイレントアピール お知らせ◆
 来たる7月3日(日)、今の創価を憂う同志の皆様と共に、信濃町の学会本部前でサイレントアピールを行なって参りたい!

 横断幕に掲げるメッセージは、
「安保推進の公明党を
    支援することは
       創価三代に違背している!」

「安保法制を容認し
    師匠に敵対する
        執行部は退陣せよ!」

「安保法制に
    反対の声を上げる
       会員を処分するな!!」

「池田先生の健康状態を
      本部は詳しく
           公表するべき!」


 この4つのメッセージを高らかに掲げながら、権力の魔性に侵された学会本部に対し、いよいよ民衆の声を轟かせて参りたい!

第5回サイレントアピール(駅前)20160509
(※平成28年5月9日撮影)

 日時
 平成28年7月3日(日) 10時30分~11時30分

 場所
 信濃町の学会本部前

 サイレントアピールに立つことを希望される皆様へ
 安全かつ合法的にサイレントアピールができるように、これまで警視庁と弁護士に相談してきました。そのためには事前の準備が必要となることが分かりました。
 参加をご希望の方とは、その点を個別に連携を取らせて頂きたいと思いますので、6月26日(日)までに、参加者の①お名前、②ご連絡先(電話)、③人数を、ブログ宛にメールでお知らせ下さいますようお願い致します。
 簡単な一文で構いませんので、「神奈川県在住の野口裕介090-****-****、2名で行きます」などお名前と連絡先、そして人数を記載して頂ければ、こちらから必ず折り返しご連絡をさせて頂きます。

 当日、サイレントアピールを行なう時間は1時間を予定しています。
 これまで私たちは、学会本部前でのサイレントアピールを5回行なってきましたが、横断幕を掲げて立ち続けられるのは、およそ1時間が限度だと思いました。そのため、「7・3」に参加して下さる皆様が、創価変革のために行動して体調を崩すことだけは絶対にあってはならないと思い、1時間とさせて頂きます。






スポンサーサイト
リンク
プロフィール

Author:元創価学会職員3名
小平秀一
平成7年3月、創価高校を卒業。
平成11年3月、創価大学を卒業。
平成11年4月、宗教法人創価学会に入職。
平成24年10月、宗教法人創価学会を懲戒解雇。
平成26年6月、創価学会を除名。

滝川清志
平成12年3月、創価大学を卒業。
平成12年4月、宗教法人創価学会に入職。
平成24年10月、宗教法人創価学会を懲戒解雇。
平成26年6月、創価学会を除名。

野口裕介
平成14年3月、東海大学を卒業。
平成14年4月、宗教法人創価学会に入職。
平成24年10月、宗教法人創価学会を懲戒解雇。
平成26年6月、創価学会を除名。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

3名共有のメールアドレスは以下の通りです。
harunokoimejapan20150831@yahoo.co.jp
最新記事
カテゴリ
カウンター
アクセス数
月別アーカイブ
プライバシーに配慮し、登場人物は会長・理事長を除き、地名を使って仮名にしています
検索フォーム
RSSリンクの表示