■⑮ 4月2日の関西座談会についてのご報告

 昨日4月2日(土)、関西は大阪の地で、第2回となる座談会を行なうことができました。創価を憂い、師匠を思い戦われる皆様の、強き一念と深き祈りに守られて、晴天にも恵まれ、無事故、大成功で終えることができました。本当に、本当にありがとうございました。
 当日は、慌ただしい年度始めの土曜日にもかかわらず、地元大阪はもとより、遠く福岡、神奈川、東京、静岡、香川、広島、岡山、愛知、福井、兵庫、奈良、京都、そしてアメリカと、各地から40名を超える多くの同志の皆様がご参加くださいました。様々、ご都合がある中で調整して下さった皆様に、ただただ感謝しかありません。
 「本音の国」関西での座談会らしく、感動の涙、歓喜の笑い、そして自由闊達な発言と、庶民の勢い溢れる決意の場となりました。
 皆、創価を思うがゆえに現実と向き合い、真剣に考えておられ、問題意識を持たれている方ばかりでした。お一人おひとりが、葛藤を抱えながら現場で戦われている実体験や、師匠の弟子として断じて負けるわけにはいかないとの熱き思いを次々と語って下さり、創価変革の勇気の決意が伝播していく場となりました。
 会場に来られなかった方々からも、「仕事でいけないのですが成功を祈っています。」「座談会の無事故、大成功を日々祈っています。当日は、参加出来ませんが、お題目で応援させていただきます。」「当日は自分も同時刻にお題目をしっかりとあげさせていただきます。」と、本当に力強い題目とエールを送って頂きました。
 共戦の思いで応援して下さった同志の皆様のお陰で、関西座談会を無事に行なうことができました。本当に、本当にありがとうございました。

 当日の様子については現在ブログを検討・作成中ですので、後日、皆様にご報告させて頂きます。





スポンサーサイト
リンク
プロフィール

Author:創価学会元職員3名
小平秀一
平成7年3月、創価高校を卒業。
平成11年3月、創価大学を卒業。
平成11年4月、宗教法人創価学会に入職。
平成24年10月、宗教法人創価学会を懲戒解雇。
平成26年6月、創価学会を除名。

滝川清志
平成12年3月、創価大学を卒業。
平成12年4月、宗教法人創価学会に入職。
平成24年10月、宗教法人創価学会を懲戒解雇。
平成26年6月、創価学会を除名。

野口裕介
平成14年3月、東海大学を卒業。
平成14年4月、宗教法人創価学会に入職。
平成24年10月、宗教法人創価学会を懲戒解雇。
平成26年6月、創価学会を除名。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

3名共有のメールアドレスは以下の通りです。
harunokoimejapan20150831@yahoo.co.jp
最新記事
カテゴリ
カウンター
アクセス数
月別アーカイブ
プライバシーに配慮し、登場人物は会長・理事長を除き、地名を使って仮名にしています
検索フォーム
RSSリンクの表示