◆ 本年一年間のカンパの御礼

 本年1月、師匠が理想とされる創価学会に変革していくための諸活動(3名主催の座談会、学会本部前サイレントアピールなど)へのカンパを募らせて頂き、一年が経ちます。
 この間、2月の「九州・熊本座談会」を皮切りに、岡山、愛知、沖縄、横浜、大阪、福岡、東京、京都と、計9回の「創価変革のための座談会」を開催。
 さらに6月と10月には学会本部前で本部執行部に抗議するサイレントアピールを決行し、創価変革の同志の連帯を大きく拡大でき、創価変革の端緒を開く一年とすることができました。
 全国各地での座談会では、創価を憂える多くの同志の方々とお会いでき、たくさんお話を伺うことができました。
 「創価学会をより良くしていくために、何でも話せるこういった座談会があることが嬉しい。」
 「自分はこの座談会が一番好きなんです!」
 「同じ思いの同志に出会えて、勇気が湧きます!」
 などなど、たくさんの喜びの声があがりました。
 また、学会本部前サイレントアピールでは、多くの同志が緊張で胸が押しつぶされそうになりながらも、師匠を胸に恐怖を乗り越え、本部執行部に対し厳然と庶民の怒りの声をぶつけることが出来ました。
“学会のために声をあげる会員を処分するな!”
“本部執行部よ!安保法制の容認は創価三代に違背している!”
 凛として立たれる同志の皆様のあまりにも清々しい雄姿は、創価の主役が大幹部などの権力者ではなく、どこまでも一庶民であり、一会員であることを物語っていました。
 こうした“民衆決起の闘い”を起こすことができたのも、ひとえに真心のカンパのお蔭でした。
 座談会やサイレントアピールの運営・裁判書面・ブログ作成・会員同志の方々との貴重な対話・そしてマスコミとの渉外などなど。私たちも日々全力で闘う中、少しでも皆様に負担をかけてはいけないとの思いでアルバイトも決め、少しでも資金をとの思いで働き闘いを進めてきました。
 しかし、現実の問題として各地で闘いを起こすにはカンパなくしてはあり得ませんでした。
 そんな中、「頑張って師匠の創価を取り戻してほしい!」「創価変革のために使ってほしい」「あなたたちに財務をさせてもらいます」
 こうしたあまりに大きな励ましを頂き、闘いを進めることができました。
 このカンパという真心を、どう少しでも真心でお返しすることができるか。
 何度も話し合い、この真心は会場費、講師の方へのお礼、交通費の一部に使わせて頂くという形に決めました。
 それから一年間、皆様のおかげで、創価変革のための運動を、「座談会」「サイレントアピール」合わせて10回以上に渡って各地で開催することができました。
 本当に、本当にありがとうございました。
 心から感謝を申し上げます。
 また、カンパして下さった方の中には匿名の方や、ご連絡先が分からずに御礼をお伝えできていない方もおられます。この場をお借りして、厚く厚く御礼を申し上げます。本当に、本当にありがとうございました。

 先日の京都座談会の帰りに、滝川の母である滝川光子さんがしみじみこう語っていました。
 「年金暮らしの自分が創価のために京都で体験発表ができる。本当に皆様のカンパのおかげだね」と。
 そこに居合わせた同志皆が、「本当に感謝しかありませんね」とうなずき合った。本当にカンパなくして今年一年間の闘いはありませんでした。
 その母も京都座談会から帰った翌日、2度目となる“査問”の連絡がありました。本部職員である総区総合長からでした。
 母は、電話が終わるとこう言いました。
 「また難がきたよ。(難は)本当に私が好きなんだね。正しいことを叫ぶから私が好きなんだよ。先生の創価で闘い続けて50年。ついに首を切られる時が来たんだよ。感謝しかないよ。」
 『感謝しかない』
 なんだかその言葉に涙が出てきた。
 母は両親の反対を押し切り創価学会に入会。人生のすべてを創価に捧げてきたといってもよい母である。
 『感謝しかない』
 その母に自分は伝えた。
 「僕の最大の幸福は師のために、首を差し出す母さんから生まれたことだよ」と。

 現在各地でこうした査問や処分を次々に行なっている学会本部。
 私は怒りを込めて言いたい!
 断じて創価を変えなければならない!と。
 そして、今、創価の内部では、一凶と化した学会本部に対し、怒りをもって声を上げていく正義の声が、大きなうねりとなって巻き起こっている。
 明年2018年も、全国各地での毎月の座談会と学会本部前サイレントアピールを基軸に、師弟を見失っている本部執行部に対し、「創価三代の思想と精神にかえれ!」との真正池田門下の声を突き付けたい!
 そして、断固、『創価変革の勝負を決する年』としていきたい!
 どこまでも、
 “対話のある温かな人間主義の創価へ”
 “暴力を否定し、権力に迎合しない絶対平和主義の創価へ”
 “一人の犠牲者も出さない庶民が主役の創価へ”
 私自身、命を懸けて、阿修羅の如く、闘い抜く決意です。
 


〈〈【最新告知】明年1月21日(日)「広島座談会」のお知らせと、ご参加の連絡のお願い〉〉
 日時
 平成30年1月21日(日)13時~16時

 場所
 広島オフィスセンター 7階 第1会議室
 (広島市南区東荒神町3-35)

 地図
広島オフィスセンター地図(電話番号削除)
・(アクセス)広島駅から徒歩7分

 広島座談会に参加を希望して下さる方へ
 「創価変革のための座談会」に参加を希望して下さる方は「参加人数」をブログ上のメールフォームか、以下のアドレスからメールでお知らせ頂けるとありがたいと思っています。
 お名前は有っても無くても構いません。メールに一行で良いので、「1名参加」「山口から2名で行きます」など教えて頂けると本当にありがたいです。
 連絡を下さらなくてもご参加下さって構いませんが、創価学会をより良く変革していくための座談会ですので、その趣旨と目的にご賛同いただける方に限らせて頂きます
 ★連絡先(メールアドレス):harunokoimejapan20150831@yahoo.co.jp

〈〈【大結集】学会本部前サイレントアピールのお知らせ〉〉
 日時
 平成30年2月11日(日) 13時00分~14時00分

 場所
 信濃町の学会本部前

〈〈その他のお知らせ〉〉
1、『職員裁判』について
 先般11月21日(火)の期日では、阿部裁判長から「再現動画は裁判官3人で同時に見させて頂きました」と言って頂くことができ、一歩前進の期日とすることが出来ました。
 今後の裁判の流れとしましては、明年1月12日(金)までに相手方が反論の書面を提出し、それを受けて私たちの方での再反論を、間に合えば2月2日(金)までに行ないます。
 次回期日は、明年2月6日(火)午前10時から東京地裁611号法廷となります。
 この裁判で、学会本部が下した譴責処分が不当・無効であると認定された場合、処分を下した学会本部なかんずく本部執行部の責任問題となることは当然です。
 対話を排除し、建設的な意見を言う誠意の人間を排除する本部執行部の悪を打ち砕くことこそ、創価変革に直結する闘いであり、この問題に出合った自身の使命であると覚悟しています。
 次回期日までで、ほぼ原告・被告双方の主張が出揃う形となります。
 そうなれば、いよいよ証人尋問です。
 正々堂々と、正義と真実を叫び切り、堕落した本部執行部の実態を白日の下に晒して参ります!

2、『実名告発 創価学会』について
 私たちが学会本部の中で体験してきた事実を書いた著書『実名告発 創価学会』が好評販売中です。
 創価を愛し、創価の変革を願う同志の皆さんに是非お読みいただきたいと思っています。また、学会本部を変革していくための「対話の道具」としてご利用いただければ本当に嬉しいです。<当ブログメニューの「リンク」からご購入いただけます>
 ※誤字の訂正のお知らせ
 36頁9行目の「かつて2006年6月頃、師匠は本部職員の全体会議で」の日付が、正しくは「2002年6月頃」でした。申し訳ありませんが訂正をお願い申し上げます。

3、ブログ読者の方からのご要望により、本ブログのリンクコーナーに「●これまでのブログ記事の索引」をご用意いたしました。過去のブログを見られたい方は、是非、ご活用いただければと思います。

4、今般、諸般の事情により、「創価学会元職員3名のブログ」のツイッターアカウントを消去しました。

5、本ブログの「リンク」に、「■【最新動画】11・19『憲法改正論議について』長谷部恭男教授」と「■(動画)10・22学会本部前サイレントアピール(日仏共同テレビ局)」をアップしました。


スポンサーサイト

●72 「11・19(日)東京座談会」へのメディア取材のお知らせ

 明日の東京座談会に、「憲法改正関連の取材をしたい」とのことで、民放のテレビ局から連絡があり、取材に来られることになりました。
 その他にも、マスメディアが数社、取材に来られることになっております。
 御本人の了承なく、個人が特定されるような報道がなされることはありませんので、ご安心頂ければと思います。

〈〈11.19(日)「東京座談会」のお知らせと、ご参加の連絡のお願い〉〉
 式次第

11・19式次第

 日時
 平成29年11月19日(日)
 ①東京座談会 第1部 長谷部恭男教授のご講演
 13時10分~14時40分
 ②東京座談会 第2部
 14時50分~16時55分

 場所
 五反田文化センター 3階 第1講習室
 (東京都品川区西五反田6-5-1)

 地図

五反田文化センター地図(詳細)

 交通アクセス
 東急目黒線「不動前駅」から徒歩7分
 JR山手線「五反田駅」から徒歩15分
 東急池上線「大崎広小路駅」から徒歩10分
 東急バス(大井町駅~渋谷駅)「大崎郵便局」下車 徒歩5分

 東京座談会に参加を希望して下さる方へ
 座談会への参加を希望して下さる方は「参加人数」をご連絡頂けると本当にありがたいと思っています。ブログ上のメールフォームか、以下のアドレスからメールでお知らせいただけると本当にありがたいです。
 お名前は有っても無くて構いません。メールに一行で良いので、「1名参加」「埼玉から2名で行きます」など教えていただけると本当に助かります。もちろん、連絡を下さらなくても、ご参加下さって構いません。
 ★連絡先(メールアドレス):harunokoimejapan20150831@yahoo.co.jp

〈〈12・10(日)「京都座談会」のお知らせと、ご参加の連絡のお願い〉〉
 日時
 平成29年12月10日(日)13時~16時半

 場所
 YIC(学校法人京都中央学院)貸し教室 8階 282教室

 (京都市下京区油小路通塩小路下る西油小路町27番地)

 地図
京都座談会会場地図

 ・(交通)京都駅から徒歩5分

 京都座談会に参加を希望して下さる方へ
 座談会への参加を希望して下さる方は「参加人数」をご連絡頂けると本当にありがたいと思っています。ブログ上のメールフォームか、以下のアドレスからメールでお知らせいただけると本当にありがたいです。
 お名前は有っても無くて構いません。メールに一行で良いので、「1名参加」「大阪から2名で行きます」など教えていただけると本当に助かります。もちろん、連絡を下さらなくても、ご参加下さって構いません。
 ★連絡先(メールアドレス):harunokoimejapan20150831@yahoo.co.jp

〈〈その他のお知らせ〉〉
1、「譴責・配転裁判」について

 おかげさまで11月13日(月)に「再現動画VTR」の反訳書、私たちと原田会長など本部執行部との行為態様についての主張書面を作成し、提出することが出来ました。大変にありがとうございました。
 次回裁判期日は、11月21日(火)午後2時から東京地裁611号法廷で行なわれます。この期日は、公開の法廷で行なわれますので傍聴することが可能です。もしお時間の都合がつく方は、時間は15分程度ではありますが、傍聴しに来ていただけると有難いです。
 私たちはこの裁判で、断固、恣意的に権力を濫用する本部執行部の不当性を明確にする決意です。
 身分も地位も富も無さすぎる私たちですが、師匠のため、創価学会のために、己身の臆病、油断、慢心を徹して排し、死に物狂いで闘い抜きます。

2、『実名告発創価学会』について
 私たちが学会本部の中で体験してきた事実を書いた著書『実名告発 創価学会』が好評販売中です。
 創価を愛し、創価の変革を願う同志の皆さんに是非お読みいただきたいと思っています。また、学会本部を変革していくための「対話の道具」としてご利用いただければ本当に嬉しいです。<当ブログメニューの「リンク」からご購入いただけます>
 ※誤字の訂正のお知らせ
 36頁9行目の「かつて2006年6月頃、師匠は本部職員の全体会議で」の日付が、正しくは「2002年6月頃」でした。申し訳ありませんが訂正をお願い申し上げます。

3、ブログ読者の方からのご要望により、本ブログのリンクコーナーに「●これまでのブログ記事の索引」をご用意いたしました。過去のブログを見られたい方は、是非、ご活用いただければと思います。

4、今般、諸般の事情により、「創価学会元職員3名のブログ」のツイッターアカウントを消去しました。

5、「■【最新動画】10・22学会本部前サイレントアピール(日仏共同テレビ局)」のリンクをアップしました。



■㉛ 【告知】本の出版決定のご報告と私たちの決意

 「8・20」の会合を明日にひかえ、創価を憂える同志の皆様に嬉しいご報告があります。
 一昨日、ある出版社から正式にご連絡を頂きまして、このたび私たちの本を出版できることが決定いたしました。
 現在、秋の刊行を目指して、全力で作成に取り組んでおります。

 今年3月、私たちは小冊子の自費出版を計画し、印刷の一歩手前まで準備を進めていながらも、ブログ本編の作成、座談会やサイレントアピールの準備、また創価学会との裁判の書面作成など、創価変革のために戦う時間との兼ね合いで、泣く泣く断念せざるを得ませんでした。
 そうした中、本の出版を願って下さる同志の皆様から、「諦めないでほしい!」「後悔だけはしないでほしい!」「応援している!」との熱きメッセージを沢山頂戴しました。さらには、「できることがあれば、手伝いたい!」とまで言って下さる方もおりました。
 皆様の真剣なお心、そして祈りのお陰で、待望の本を出版できることになりました。本当にありがとうございます。

“今、日本も創価学会も、明らかにおかしくなってきている。一体その根本原因は、どこにあるのか・・・”

 元創価学会職員であった私たちの実体験を基にしたノンフィクションとして、今、明らかにおかしくなっている『創価学会の核心』をつく本をつくっていきたいと思っています。
 どこまでも、師匠が望まれる創価学会に変革するために、一人でも多くの学会員の方々に創価の実態を知って頂き、創価変革の一助にしていければと思っています。そして、創価の真実の歴史を三世永遠に残して参りたいと思います。

 公明党が連立与党に参画して合計約14年。今、公明は自民との利害関係から、政権与党の座から離れることが出来なくなっているように感じてならない。
 本来、その公明党を監視し、声を上げるべき支持団体の創価学会も、公明党が政権与党に残るという利害を優先し、師の平和思想をも破壊し続けていることは、社会の目から見ても明らかです。
 そうした中で、現役の創価学会員が国会前のデモに参加して、三色旗を掲げ「安保反対!」の声を上げる姿は、多くのメディアでも取り上げられ、注目を集めました。
 特に、先日7月3日に学会本部前で行なったサイレントアピールは、現役創価学会員が学会本部に対して創価の変革を訴えるという、創価学会史上空前の出来事として心ある方々から括目されている。
 「8・20座談会」に対しても、こうした学会員の動きを取材するメディアの方から、「ぜひ、8・20の会合に参加したい」との声があり、当日取材が入ることが決定しました。現在、週刊朝日、週刊金曜日をはじめ数社が参加される予定です。
(当日の取材は私たち3名のみですので、参加者の皆様が報道されることはありません)。

 いよいよ明日に迫った「8・20」の会合を大成功させ、さらなる創価変革のための連帯を拡げてまいりたいと思っています。そして今こそ、『大悪をこれば大善きたる』の御金言のままに、師弟不二に生き抜く同志の皆様と共に、創価の内部から変革を起こすべく時は来たのだと確信しています。

 下から上へ叫んでいく!
 下が上を動かしていく!
 これが、創価三代の師匠の信念である!
 創価変革の鉄則である!

 創価は絶えず
 内部の敵と戦い続けてきた
 不正 隠蔽 組織の硬直
 しかし学会本部は今
 完全に狂ってしまった!
 師をまるで物でも扱うかのように
 自分都合で利用している!
 師の思想を軽んじ、蔑ろにし、
 それでいて裏切りの弟子は
 自己正当化の論に終始している!
 これを師敵対といわず何といおう

 今、本部は明らかにおかしいのだ!
 今、声を上げずに、いつ上げるのか!
 今こそ、正義の声を上げる時である!
 何度も 何度も
 創価が変わることを信じ抜き
 声を上げ続けるならば
 絶対に変えることができるのだ!

 沈黙は臆病である!
 沈黙は堕落である!
 諦めようとする己身の敵を断じて討て!
 
 あなたが正義の声を上げる時
 温かな師が生命に湧いてくる
 師と共に戦う時
 勇気と大確信が
 溢れるほど湧き上がってくる!
 今こそ!
 創価そして日本を変革しゆく
 地涌の菩薩の使命を
 あなた自身が果たす時である!



 「8・20安保法制と憲法について考える会」の式次第

式次第20160819

 日時
 平成28年8月20日(土)
 (入場開始)    午後1時15分
 (会合)第1部   午後1時30分~3時
    第2部   午後3時15分~4時10分
 なお会場の使用時間を考え、撤収は4時45分とさせて頂きます。

 場所
 かながわ県民センター 2階ホール
 (神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2)
 http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f5681/p16362.html
 ※山下公園前にある「神奈川県民ホール」は別の施設です。

 参加者の皆様へのお願い
1. 参加される方のプライバシー保護のため、一切の撮影、録音は禁止とさせて頂きます。また、幟や横断幕、鳴り物の持ち込みは不可とします。なお、記録用と防犯用として私たちの方でビデオ2台を設置させて頂きます。
2. 当日は会館での本幹中継と同じように、会場ホール入口で元白蓮グループの方と元牙城会の方による簡単な荷物チェックを行なわせて頂きます。
3. 集会の攪乱行為や進行妨げ行為があった場合は、すぐに警察に通報し、厳しく対処する体制を取ります。
4. ストーカー行為や盗撮行為などの人権を蹂躙する行為があった場合は、発見次第、すぐに警察に通報し、厳しく対処させて頂きます。
5. 当日場内に、警備も含め男女10名ほどスタッフがおりますので、何かあれば即時対応いたします。

 参加予定のご連絡のお願い
 「8・20安保法制と憲法について考える会」への参加を希望して下さる方は、事前に、当ブログ宛に参加人数を教えて頂けると本当にありがたいと思っています。
 お名前をお伝え頂く必要はありません。メール一行で構いませんので、「2人で参加します」「静岡から1名で行きます」など、参加予定の人数を教えて頂けると本当にありがたく思います。もちろん、連絡を頂かなくても参加して下さって構いませんし、連絡を下さったから参加しなければならないということでももちろんありません。
連絡先(メールアドレス):harunokoimejapan20150831@yahoo.co.jp
 なお、会合に関するメールを下さった方には、時間がかかっておりますが必ずご返信させて頂きます。

 地図
 JR・私鉄:横浜駅の「西口」、または「きた西口」を出て、徒歩およそ5分

神奈川県民センター



リンク
プロフィール

Author:創価学会元職員3名
小平秀一
平成7年3月、創価高校を卒業。
平成11年3月、創価大学を卒業。
平成11年4月、宗教法人創価学会に入職。
平成24年10月、宗教法人創価学会を懲戒解雇。
平成26年6月、創価学会を除名。

滝川清志
平成12年3月、創価大学を卒業。
平成12年4月、宗教法人創価学会に入職。
平成24年10月、宗教法人創価学会を懲戒解雇。
平成26年6月、創価学会を除名。

野口裕介
平成14年3月、東海大学を卒業。
平成14年4月、宗教法人創価学会に入職。
平成24年10月、宗教法人創価学会を懲戒解雇。
平成26年6月、創価学会を除名。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

3名共有のメールアドレスは以下の通りです。
harunokoimejapan20150831@yahoo.co.jp
最新記事
カテゴリ
カウンター
アクセス数
月別アーカイブ
プライバシーに配慮し、登場人物は会長・理事長を除き、地名を使って仮名にしています
検索フォーム
RSSリンクの表示